片頭痛、筋緊張性頭痛を治すコツ

 頭痛と言っても様々な原因症状が有り、生命に危険な頭痛と、危険が無い頭痛があります。
一般的に、生命に危険性が無い頭痛で一番多いのが筋緊張性頭痛、偏頭痛、少数派ですが群発頭痛が有ります。生命に危険性のある頭痛これら以外にも頭痛症状を引き起こす病気としては、脳静脈洞血栓症、副鼻腔炎、脳脊髄液減少症、三叉神経痛、心因性頭痛等が有ります。

 頭痛が起きた場合に、まず、第一に考えなければならない事は、今回の頭痛が今まで何回も経験した様な頭痛なのか、今までの頭痛と症状の出方が違うのかと言う 事です。危険な頭痛の代表としては、クモ膜下出血や脳腫瘍、脳脊髄膜炎、側頭動脈炎等が有ります。特に気負付けなければならないものは、クモ膜下出血で す、この頭痛は突発ピーク型の頭痛で、通常他の原因による頭痛が、症状がどんなに強くても最初はじわりじわり痛みが起きて来ます、これに対してクモ膜下出 血の場合には急にどんと頭を後ろから殴られた様な痛みを感じた、と言う様な痛み方をします、頭痛はその後、出血がひどくなければ、自然に収まって来ます が、クモ膜下出血の場合には、数日から数か月の間に再出血する可能性が非常に高いので、この様な頭痛が起きた場合には症状が軽くても、早急に脳神経科を受 診する必要が有ります、それ以外の頭痛の場合でも、少しでもいつもの頭痛と違うなと感じたならば、一度は脳神経科を受診しておいた方が無難でしょう、何故 なら様々な原因で頭痛は起きて来ますが、初期症状は個人差が大きく、どんなに優秀な医者でも症状だけで正確に診断する事は難しいからです。

 今回は、通常一番多いタイプの慢性頭痛である筋緊張型頭痛と偏頭痛についてお話したいと思います。まず結論から言いますと、私の長年の治療経験から筋緊張型 頭痛も偏頭痛も首肩のコリがほぐれる事で頭部の血流が促進されて、多くの方が良くなると言う事実です。当院にはこれまで頭痛がひどくて、何年にも渡って病 院で薬物療法を受けて改善しない為に、頭痛治療が目的で来た方や、当院には肩こりの治療が目的で来たのですが、頭痛でも悩んでいた方も多く来院されていま すが、その、殆どの方の頭痛が改善されています。正確に統計を取った訳では有りませんが、十分な治療をして効果が無かった方は、数人に過ぎません。肩こり の治療をなさっている先生であれば、この様な経験を、殆どの方がされている筈です。メマイの治療を専門にされている医者の研究でも、メマイを治す目的で首 肩の運動療法をやらせているうちに頭痛が良くなった症例が沢山出ていると言う結果も出ています。いずれにしても、肩こりと慢性頭痛との関係は医療関係者に 限らず、多くの方が経験上感じて居る事です。肩凝りが頭痛と関係が有るとしても、肩こりがひどいのに頭痛が全く起きない人も居ますし、慢性頭痛が有って肩 こりも有るのに頭痛が起きない日も有れば、起きる日も有ると言う事があります。その意味では、肩こりだけが慢性頭痛の唯一の原因と言う訳では有りません が、総合的に考えて一番大きな影響を与えて居る事は間違いないと考えられます。慢性頭痛が引き起こされる場合に、肩こり以外の要因としては、睡眠不足、脳 疲労、女性の月経前緊張症、光過敏症、強い音に対する過敏症等が有りますが、これらの要因が様々に影響し合って頭痛が起きている事が実態の様です。最近の 医学的研究では、頭痛が起きやすい身体的要因として幾つかの事が解明されてきました。

● 偏頭痛持ちの人の、脳動脈網が生まれつき不完全な為に、脳血流が不安定になり虚血が生じやすい。この様な人では脱水も頭痛の引き金に成る事が有る。

● 頭痛持ちの人の多くに、三叉神経のミエリン鞘に、欠陥や消失が視られる、その為に三叉神経の刺激が起こりやすい状態にある。
● 脳の画像診断で、偏頭痛持ちの人の多くに、脳の様々な部位に形態の異常が見られる、その事が脳の異常興奮につながり易い。
● 偏頭痛持ちの人の多くに、血管内皮傷害を修復する血管内皮前駆細胞の数が低下していた、また、偏頭痛の罹患期間が長いほど著明に数が低下していた事がわかっています。

 これらの事実は、肩凝りをはじめとして、様々な要因が重なって偏頭痛が起きやすい人と起きにくい人が居る事の体質の差の原因と成って居ると考えられます。現在医学的に、偏頭痛が引き起こされる原因として考えられている説に、セロトニン血管説と三叉神経血管説が有ります。
 セロトニン血管説では、何らかの刺激に より血小板から血管収縮物質であるセロトニンが過剰に放出されて、それにより脳神経の異常が起こり、視覚の異常や脱力感等の、頭痛の前駆症状が生じて、次にセロトニンの分解が進み、セロトニン枯渇と言う状態に成り、脳血管の過剰な拡張が起こり、脳の太い動脈に巻き付いている三叉神経を刺激して血管性の痛み が生じ、また、刺激された三叉神経末端から神経由来の起炎物質であるサブスタンスPやCGRP(カルシトニン関連神経ペプチド)が放出されて、さらに血管 の拡張と炎症による血管周辺組織の浮腫を引き起こし、発痛物質が周辺組織にも拡散して脳硬膜等の膜組織の痛みの神経も刺激して、結果として脳血管の痛みと 周辺組織の炎症性の痛みによる頭痛が起こると言う説です。
 三叉神経血管説の場合には、何らかの原因により、三叉神経が刺激されてそれにより、脳神経の血管を取り巻いている三叉神経末端から神経由来の起炎物質であるサブスタンスPやCGRPが放出されて、その後は先ほどと同じプロセスで頭痛が起きると言うも のです。また最近の研究では、三叉神経や脳血管が反応する前段階として、大脳皮質拡延性抑制(CSD)と言われる現象が起きていると言われています。これは、後頭葉の視覚野に始まる神経の興奮と抑制の波が脳全般に伝わって行く事で、最終的に三叉神経や血管の反応に繋がっていると言う事です。これらの理論が、一般的な現代医学に於ける偏頭痛の発生理論で、治療としては、消炎鎮痛剤や血管の拡張を抑える為に血中セロトニン濃度をあげるトリプタン剤がよく用いられています。

 私は、脳神経が不安定な興奮を起こし偏頭痛が起きる、さらに前段階の原因として肩こりを重要視しなければならないと考えています。肩こりは、 頭頸部の筋肉と連動して頸部の筋肉の緊張を引き起こします。頭頸部の筋肉のコリはひどく成ると、脳を含めた頭部を栄養している血管の左右の頸動脈と脊椎骨を縫うように走る二本の椎骨動脈が圧迫を受けて、脳と頭頸部の筋肉等の循環が悪くなり細胞の代謝異常を起こして、様々な痛みを引き起こす原因と成ります。 一般的に偏頭痛が起きる人の多くに前段階として、頭頸部の筋肉の緊張や、緊張からくる緊張性頭痛が存在して居る事が見られます。筋肉の緊張によって、血流の悪くなった頭部の組織では、組織細胞の酸素欠乏状態から乳酸を始め様々な発痛物質が作り出されます。それらの発痛物質が三叉神経をはじめとする頭部の痛覚神経の受容体に作用し、頭痛の前段階の神経の過敏性を作り出して、さらに発痛物質が蓄積されて、その作用で直接頭痛が引き起こされる事も有れば、筋肉の緊張からくる酸欠が直接頭痛を引き起こさない場合でも、神経の過敏状態は作りますので、プラスアルファの疲労寝不足や、過剰な光刺激やストレス等の様々な要因で、偏頭痛は起きる事に成ります。偏頭痛が、起き易い人と、起きにくい人の間には、脳の血管や神経自体に先天的、また、過去に脳で炎症を起こしたことが有る等、後天的な差が有る事も分かって居ますが、神経の過敏性と言う事では、それらの事を含めて、神経は痛みを感じれば感じるほど過敏に成りインパルスを発しやすくなると言う事実も有ります。その意味では、脳神経に何の問題が無い人でも、不摂生から、首肩のコリや疲労寝不足、運動不足で、テレビやパソコンの視過ぎ等で、偏頭痛を何度も繰り返している場合には、脳の神経自体が過敏性の変化を起こしてしまい、僅かな刺激で偏頭痛を誘発しやすい体質に成ってしまう事も有ります。
 いずれにしても偏頭痛は、体質やその人にとって不快と成る様々な刺激が引き金に成って引き起こされますが、その、一番最初の過敏な状態を作り出しているのが首肩のコリと、それによる血流不足と組織の酸欠状態と言えそうです。偏頭痛治療を考える場合、何よりも、最初に起きてくる筋肉のコリ緊張を如何にコントロール出来るかに掛かっています。それプラスアルファで、寝不足運動不足の解消やテレビやパソコンの視過ぎを気負付ければ、多くの偏頭痛の方は、たとえ脳に先天的な問題が有ったとしてもコントロール出来るはずです。
 最近も40代男性の方で肩凝りがひどく、一日中パソコンを扱う仕事をして いて、4年間ほぼ毎日緊張性頭痛と偏頭痛がひどく、いくつかの病院の薬物療法を試みても治らなかった方が、治療に来られました。この方は、6回の治療で殆ど頭痛が起きなくなりました、現在3か月に成り、週一回のペースで治療していますが、軽い頭痛が2週間に一度起きる程度で、生活に殆ど支障のない状態に成って居ます。この様な症例は、数多く有ります。
最初にも述べましたように肩こりの治療をなさっている先生であれば、みなさんこの様な経験は数多くされている筈です。この様な治療経験から見えてくる偏頭痛のプロセスはパソコン作業や読書、睡眠不足、ゲームのやり過ぎ等、日常様々な場面での前かがみの不良姿勢と運動不足から、首肩のコリが生じてくる。首肩のコリがある限度を超えて来ますと、頭頸部の筋肉はもちろんの事、頭頸部の様々な部位で血液体液の循環が悪くなる。この時点で、頭頸部の筋肉は、血流不足からくる酸欠状態の痛みである緊張性頭痛を起こしてくる人も居ます。慢性的に血液体液の循環が悪く成ると、細胞組織は酸欠状態に成り、代謝異常を起こして乳酸等の発痛物質を周囲に放出して、頭部に存在する脳硬膜の痛覚受容体や脳血管を取り囲む三叉神経末端 の痛覚受容体に作用して、神経の静止膜電位を上昇させて神経インパルスが発生しやすい状態になり、神経過敏の一つの状態が生じる。神経過敏の状態が生じていると、寝不足、神経疲労、強い光音等、様々なストレス要因で、通常では痛みを引き起こさない程度の刺激で、痛覚のインパルスが発生してきます。
 この様にして、脳内で発生した痛覚インパルスは、酸欠で弱り過敏な状態に成って居る脳神経自体にも刺激が伝わり、偏頭痛前兆反応の脳神経異常反応である大脳皮質拡延性抑制(CSD)が誘発され、後頭葉視覚野を初めとして、脳全体に抑制と興奮の波が広がって行きます。この状態が、偏頭痛が起きる前兆状態と言われるもので、ジグザグの光が見えたり、視野が眩しく見えにくくなったりの視覚異常が現れたり、嗅覚異常や、味覚異常、運動異常等が現れたりします。この前兆現象 は脳血管にも伝わり、セロトニンの過剰分泌と次に来るセロトニン枯渇も関わって、脳血管の太い動脈の拡張を起こして、脳血管を取り巻く三叉神経を刺激して 頭痛が発生し、その刺激により反射性に三叉神経末端からサブスタンスPやCGRP等の起炎物質が放出されて炎症反応が起こり、さらなる血管拡張につながり、血管拡張と炎症性発痛物質により、ますます三叉神経が刺激されて痛みが強く成ると言う悪循環が続きます。この事が、偏頭痛が起きていると言う状態です。
 体質的に偏頭痛が起こりやすい人、起こりにくい人が居る事は事実ですが、起こり易い体質の人でも、四六時中頭痛が起きている訳では有りません、必ず誘発原因が重なった時に起きている筈です。 その誘発原因の大きな要因が、首肩のコリ、疲労睡眠不足等であろうと考えられます。何故ならば、生命体である細胞の基本的な性質として、健康で強く働いている時細胞は安定的に働き、不健康に弱く働いている時には、不安定に過敏で異常な反応に成ると言う事があるからです。生きている細胞にとって最も必要とされるものは、酸素と栄養を運ぶ新鮮な血流です。その意味では、頭頸部の血流と最も関係がある首肩のコリが、根本的な要因として一番大きな影響を与えていると考えられます。

筋緊張性頭痛と偏頭痛を予防し、治療する方法は?

 長年首肩のコリが有る人は、まずは首肩のコリをほぐ して柔らかい血流の良い状態にしましょう。とは言っても、私は専門家として、治療としてのマッサージを施していますが、充分に効果的にほぐす事は誰でも出 来る簡単な事では有りません。他でマッサージ治療を受けても良くならなかった人も多い筈です、それは、マッサージ治療は施術者の技術レベルによって治療効果に大きな差があるからです。いろいろな治療を試してみてどうしても改善されなかった方は、当院をお尋ねください。必ずや改善される筈です、治療効果の高さは多くの方で実証済みです。首肩のコリの一番の原因は、首が前掲している前かがみの姿勢に有ります。首がバランスの良い状態で頭部を支えて居ますと、骨と靭帯で支える事が出来ますから、首肩の筋肉はバランスを取る為の微調整程度の緊張で済みますが、前傾姿勢が続きますと、首肩の筋肉は常時大きな負荷がか かり、大きな緊張を長時間強いられる事に成り、やがて力を抜いても筋肉の硬さ緊張が緩まない、コリと言う状態に成ってしまいます。コリ予防の為には、まずは、背筋を伸ばし下向きに成らない良い姿勢を心がけましょう。

 適度な運動を毎日心がけましょう。血液体液の循環は、心臓から血液が動脈を通って押し出されて毛細血管に達して、毛細血管の部分で血漿の一部が血管から漏れ出て、細胞組織に酸素と栄養を受渡しリンパ液となり、それ以外の血漿と血球成分は静脈を 通って心臓に戻って行きます。血液を送り出す動脈は十分な圧力が有りますが、戻って来る静脈とリンパ流は圧力が全く弱く、逆流さえしかねない程の圧力しかありません。その為、静脈とリンパ管には逆流防止の弁が沢山ついています。筋肉運動はこの弁の働きを利用して体液の循環を最大限促進する事が出来ます。
 首肩コリ頭痛予防の為には、左右、前後、捻じる、回す等の首の運動と、腕を左右前後に良く回す肩関節の運動を、それぞれ10回〜20回行うと効果的です。循環機能を高める為にジョギング等の有酸素運動も生活の中に取り入れましょう。血管は細胞組織の酸素要求量に応じて、血管を拡張させたり収縮させたりして血流量を調整しています。これは自律神経や様々な化学物質により行われていますが、偏頭痛が起こり易い人はこの調整が上手くコントロール出来て居ない可能性が有ります。心肺機能を高める有酸素運動は、血管を流れる血流速度を上げる事が出来、その刺激は血管内皮細胞の血流調節機能物質の一酸化窒素(NО)の分泌を高めて、血管の柔軟性を良くして、脳を含めた全身の必要に応じた血流調節機能を高める事が出来ます。一日最低でも10分は、有酸素運動を実行しましょう。

 睡眠不足に成らない様にしましょう。必要な睡眠時間は個人差があり、これが絶対に正しいと言う時間が有る訳では有りませんが、深い眠りが出来て居れば 5〜8時間で十分ですが、体の機能を調節をしている自律神経やホルモン系は、サーカデアンリズムと言う、一日の生活の中で一定のリズムで働いている事が 分っていますから、いつ寝ていつ起きても良い訳では無く、夜は10時頃に就寝して、朝は6時ごろ起床する等のリズムで生活するのが良いと考えられます。

 脳神経の疲労も、神経過敏の基に成ります。テレビやパソコンの視過ぎは、脳疲労を招きますから、適度な運動や自然の景色を眺めるなど脳をリラックスさ せる時間を時々心がけましょう。脳神経も生きている細胞です。丈夫で健康的に働く為には栄養も欠かせませんが、何か特定の栄養素で良く成る物は有りません。細胞はバランスの良い栄養が得られた時に初めて一番健康に成り、機能が強く働きます。機能が強い細胞は安定的に働く事が出来ますから、脳神経細胞で も同じ事が言えますから、バランスの良い栄養は頭痛予防にも効果が期待できます。

 結論として、頭痛の起こり易さは個人差が有り、その個人差は、脳神経回路の形成や脳神経の形態的な異常、過去の脳神経の炎症等のダメージ等に要因が有ると現時点では考えられます。この様な状態の脳を持つ人は、脳神経の働きが不安定に成り易く、脳や頭蓋の血管や痛みの神経が過敏に成り偏頭痛を発しやすいです。しかし、この様な状態の人でもいくつかの条件が重ならなければ容易に偏頭痛を発する訳では有りません。
 この条件の一番が、脳血流に影響を与える首肩のコリで、次に脳疲労の原因と成る睡眠不足や、テレビやパソコンの視過ぎ等、さらに、運動不足による血流調節能力の低下等と考えられます。これらの事を上手くコントロール出来れば、脳疲労は改善されて、強く働く細胞は安定的に働けますから、脳神経と痛みの神経も安定して、偏頭痛発作を起こさないようにコントロール出来る様になります。 治療薬で害作用の無いものは有りません。頭痛の薬も多くの害作用を持っています。胃粘膜障害、腎臓障害、肝臓障害から、人によっては失明から命を落とす危険性のあるスチーブンス・ジョンソン症候群まで。これらの症状は、体調によって、これまで薬を飲んで何も起こらなかった人でも、長期に亘り飲み続けた場合にはいつ起きても不思議では無い症状なのです。 また、頭痛薬を多用した場合には、逆に痛み神経が過敏な状態に成り頭痛が起き易く成る薬物乱用性頭痛に至ってしまう事も多く存在しています。頭痛薬は、頭痛が起きてからの抑制はある程度できますが、頭痛を起こさないための予防は出来ません。予防と根本的な体質改善は日々の生活の中にこそ有ります。 薬で害作用が起きる前に、頭痛の原因を無くす日々の生活改善で、薬に依らない頭痛改善を目指しましょう。

関連する記事

    著作権

    当サイトの内容、画像、テキストの無断転載・複製を固く禁じます。 Unauthorized copying and replication of the contents are strictly prohibited.

    記事一覧

    カテゴリー

    ブログ内検索

    mobile

    qrcode