坐骨神経痛でお悩みの方に

 当院にはこれまで多くの坐骨神経痛の患者さんが訪れています。その中には、明らかに坐骨神経痛の症状ではないのに坐骨神経痛と診断されて来る患者さんも多くいます。
 間違った診断で多いのが、臀部の痛みを坐骨神経痛とされてくるものです。坐骨神経の体での支配域は、大腿後側の大腿二頭筋と膝から下の足までのすべてです。ですから、臀部は、坐骨神経の支配域ではありませんので坐骨神経痛ではありません。
 このような臀部の痛みは、臀部の筋肉腱の緊張や炎症による痛みや、股関節痛もしくは、腰痛の関連痛として起きていることが最も多く、治療のポイントも坐骨神経痛とは違ってきます。
 坐骨神経痛の場合は、下肢に向かう神経が、腰椎と仙骨部から出て、骨盤内を通り束ねられて坐骨神経となり、大腿後側と膝から下の部分を支配し、この神経が圧迫された時に、この支配域に、痛みやシビレが出てきます。最も多い症状は、ふくらはぎから、かかと足部にかけての、外側に痛みシビレが出ることです。
 しかし、患者さんの殆どは、腰痛や臀部痛もあり、坐骨神経痛と併発していることが多いため、それらの症状を含めて総合的に、治療は施していきます。
 病院を回ってくる患者さんは、レントゲンやMRIの検査を受けてこられる方も多いです。その場合、腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離症すべり症・腰椎症(変形性腰椎症・腰部椎間板症)・腰部脊柱管狭窄症・腰部脊椎のズレ等と坐骨神経痛の原因を、殆どが骨や椎間板軟骨の異常と診断されてきます。
 緊急に手術を要するような症状の場合は別ですが、このような診断を受けていても長年の治療経験から言えることは、実際に神経を骨が直接圧迫していることは少なくて、急にズレたり圧迫が起きたものは少なく、長年の脊椎の変化である事がほとんどです。この場合、生命体である神経組織は、様ざまな順応をして、圧迫の影響を受けないようにして行きます。

 脊椎の研究者によると画像診断で神経の圧迫が有る様でも無症状の人が大多数である事も明らかにされています。
 当院では、これまで坐骨神経痛で、このような画像診断をされてきた方を、治療して多くの実績を上げてきました。その結果言える事は、本当に坐骨神経痛の原因が、骨にあるのであれば、手術以外に治療法は無いはずですが、病院でも簡単に手術には踏み切りません、その訳は画像診断と症状が、必ずしも一致しない事に、多くの医療者が、気がついているからだと思います。
 腰椎の関節も骨と椎間板軟骨だけで出来てる訳ではなく、その周りを筋肉・腱・靭帯・関節胞等の軟部組織が囲んで、出来ているために、神経の圧迫を治す場合に、軟部組織が神経の圧迫に与える影響を、どう捉えるかが、手術以外で治そうとする場合は、最も大切です。当院では、坐骨神経痛の神経圧迫に対する、骨だけではない筋肉・腱・靭帯等の軟部組織との関りを、何所よりも医学的に追求して、効果的治療を実践し、多くの実績を上げてきました。中には、数ヶ月苦しんだ坐骨神経痛が一二回の治療で治るものもあります。もちろん、全ての坐骨神経痛が良くなるとは言いません。
 しかし、テレビに出てくる先生や、本屋さんに並んでいる様ざまな<腰痛坐骨神経痛を治す本>見るに付け、骨の話ばかりで、この点を、詳しく解明しているものは有りません、今現在、当院で施している治療が、何処で神経が、どの様に圧迫されているか、を解明している事において、医学的に最も妥当な保存療法(手術以外の療法)として、どこよりも、ベストな治療が出来ていると思っています。
 当院で施している治療は、決して体に無理の無い、安全な方法なので、医療従事者の方も何人も治療を受けられています。以前には、身内に大学整形外科助教授や、柔道整復師の資格を持ちアメリカのカイロプラクテック学んできた先生が居るのに、当院に紹介されてきた患者さんもいます。
 その方はかなりひどい坐骨神経痛の、症状で、歩くのもようやっとの状態でしたが、親しい友人が坐骨神経痛に以前なったとき、他でなかなか治らなかったのが、当院の治療で、早く良くなった事を聞いて来院されました。

 当院の治療に対する考え方や、施術方法を、熱心に聴いて行かれ、一般の整体で言っているような、なんでも<脊椎のズレだ>と言うのとは違う医学的科学的に追求した理論に、納得され、、親戚の助教授に、電話で相談したところ、手術は、最後の手段で、出来れば避けたほうが良い事、また、そのような考え方の治療法ならば、体に無理が無いし、効果がありそうだから、試しても良いのではないか、との、アドバイスをもらい治療を受けられ、一生懸命通院され、2ヶ月程で、大変良くなりました。
 整体などの治療で、脊椎がズレているいると言われ、なかなか治らない方、また、病院などで骨のせいにされて、保存療法を長く受けても効果の出ない方、当院をお尋ね下さい、ベストを尽くした治療を施し、一刻も早く神経圧迫を取り除き、坐骨神経痛を改善させてあげたいと、思っています。


著作権

当サイトの内容、画像、テキストの無断転載・複製を固く禁じます。 Unauthorized copying and replication of the contents are strictly prohibited.

記事一覧

カテゴリー

ブログ内検索

mobile

qrcode